古口賢一 (こぐち けんいち)  テューバ奏者

1973年、京都府福知山市に生まれる。

小学校のブラスバンドにてバリトンおよびユーフォ二アムを、中学校の吹奏楽部よりテューバを始める。

中部大学工学部を卒業後、相愛大学音楽学部器楽学科管楽器専攻(テューバ)に入学。

2001年に相愛大学音楽学部を卒業。

 

大学卒業演奏会、2001年YAMAHA管楽器新人演奏会、中丹文化芸術祭「新進演奏家の夕べ」等に出演。

2001年・2003年・2004年度、ミュージック・マスターズ・コースinかずさ(MMCK)に参加。

2007年12月には、出身地である福知山市にて初のリサイタルを開催。

2012年11月には伊丹市にて、2013年11月には西宮市にてソロリサイタルを開催。

2015年11月には伊丹市にて、同12月には福知山市にて「古口賢一 テューバコンサート」と題しコンサートを企画・開催。

 

これまでにテューバを故・唐川集三、武貞茂夫、各氏に師事。

現在はテューバ奏者として演奏活動の他、スクールバンドやアマチュアオーケストラの指導者として活動中。

相愛大学音楽マネジメント学科非常勤講師(合奏/金管アンサンブルのクラス)、高等学校にて非常勤講師(音楽)を勤めている。

 

 兵庫県宝塚市在住。